女性ホルモンは2種類ある

40代女性のバストアップ方法と効果

バストアップのためには、女性ホルモンをアプリさせた方が良いのですが、気を付けないといけないことがあります。

 

そもそも女性ホルモンは、2種類あります。プエラリアなどのバストアップサプリには、女性ホルモンの1種エストロゲンアップに効果的です。

 

しかし、生理が近づくとエストロゲンが減少して、もう一つの女性ホルモン、プロゲステロンが増えます。プロゲステロンには、経血を体外に排出する働きなどがあります。

 

女性ホルモンと言っても、1種類ではありません。これら2種類の女性ホルモンによって、女性は生理や妊娠を迎えられます。このバランスが重要で、生理痛がひどい人は女性ホルモンのバランスがとても悪くなっている可能性があります。体に大きな影響を女性ホルモンは与えます。

女性ホルモンを乱れさせない

バストアップサプリの説明を見ると、生理中は飲まないでくださいと書いてありませんか。プエラリアや大豆などに含まれているイソフラボンは、エストロゲンとよく似ているので、生理ではない時期に飲むと、エストロゲンが増えてより女性らしいボディラインを作り上げることができるかもしれません。女性ホルモンが増えるので、バストアップ効果が期待できます。

 

しかし、プロゲステロンが増えないといけない生理を控えた時期に飲んでしまうと、生理が遅れるなどするでしょう。

 

経血を体外へ排出するためのプロゲステロンが少なくなると、支障が出ます。早くバストアップしたくても、休まなくてはならない期間は、必ず休んでください。ずっと飲み続けていたら、生理がなかなか来ないなんてことにならないようにしましょう。

1番ふさわしい期間とは

では、バストアップサプリを飲む、最もふさわしい期間はいつなのかというと、エストロゲンがどんどん増える時期です。つまり、生理が終わった後から排卵日までです。この期間は、エストロゲンを増やしたい時期なので、この時期だけ飲むだけで十分効果が出るでしょう。

 

慌ててしまうと、生理中も飲み続けた方が良いと思ってしまいます。確かに、早くバストを豊かにしたいという女心があるので必死になる人もいるでしょう。

 

しかし、生理中に飲むと、体調を崩してしまう恐れが高いですし、バストアップ効果が高くなるわけではないおで、控えましょう。この期間は、マッサージやエクササイズなどでバストアップを目指しましょう。バスト周辺の血流を改善したり、適度な筋肉をつけるようにしてみてください。