効果が高いのはどの期間か

生理中は、あまりバストアップマッサージをしない方が良いと聞きませんか。これは、生理が来たことで、体に何らかの異常がある場合です。バストを触ると痛みがあるような人は避けた方が良いです。

 

最もバストアップ効果が期待できる時期は、排卵日から生理の期間です。生理に向けて、女性ホルモンがどんどん分泌される時期なので、より効果が高くなります。

 

この時期に、バスト周辺の血流だけではなく、全身の血流をアップさせれば、良い体調で生理を迎えることもできるでしょう。ただし、血流が改善されたことで、経血の量が増える可能性はあります。ただ、これは決して悪いことではありません。血流が良くなっている証拠です。経血の量が少ない人は、特に良いかもしれません。排卵日から生理の間だけでもやってみませんか。

バストのハリがあっても大丈夫

生理が近づいてくると、バストが張ってきませんか。生理前や生理中のバストにハリがある場合は、やめた方が良いと思うかもしれませんが、むしろやった方が良いです。血流が改善しますし、リンパの流れも良くなるので、かえってバストの状態が良くなってくるかもしれません。

 

バストアップのために、日々、バストケアをし続けると、女性ホルモンが増える可能性があるので、バストアップ効果が期待できます。血流が悪い人は、生理にも悪影響となります。女性ホルモンの分泌が良くないので、ホルモンバランスが悪くなります。もちろん、バストアップどころではありません。

 

しかし、全身の血流が改善されれば全身に栄養が行き渡りますし、女性ホルモンのバランスも良くなります。体調のためにも、マッサージは欠かせません。

クリームを塗ってより効果的に

バストアップマッサージを行う時、何か塗っていますか。何も塗らないで行うと、肌に炎症が起こるかもしれません。

 

だから、クリームを塗って、滑りやすくしてから行いましょう。実は、バストアップクリームには、バストに必要な成分も入っているので、クリームを使った方が良いです。
美容成分が入っており、ハリや弾力を復活させてくれたり、女性ホルモンに似た成分が入っていることもあります。だから、使った方がより早く豊かなバストに近付けるかもしれません。

 

無理は禁物ですが、体調にあまり問題がないようであれば、生理中でもマッサージは行なって構いません。自分の体調とよく相談しながらやるのか、やらないのかを決めましょう。コツコツと続けていけば、バストもそれに答えて理想的なバストになれるでしょう。